大型雲ダイヤ作ってみたキラキラ大粒【ハンドメイドレジン】

2019年6月8日レジンアート, 製作過程

大型雲ダイヤ作ってみたキラキラ大粒【ハンドレジン】

突然ですが!
ダイヤって綺麗ですよねっ!きらきらころんって可愛いですよねっ!



更新日5月15日更新
ただのラメ入りダイヤとか作ってみたけどなーんか物足りない・・・

で、何か入れようかなぁって考えてたところに大好きな雲レジンが傍に転がってまして・・・

「これはいけるんじゃないだろうか( ゚д゚ )」

ってーことで閉じ込めてみました綺麗な青空を!
手順多いけどねっ!いざ作ってみると結構可愛いからいろんな色で作っちゃうよね(笑)

大型雲ダイヤ作ってみたキラキラ大粒作成

てなわけで今回はatelierRiryでも一押し作品の雲ダイヤの制作過程をご紹介したいと思います(*´σω`)エヘヘ

大型雲ダイヤ作ってみたキラキラ大粒【ハンドレジン】

今回使う材料や道具はこちらっ!

・レジン液
・ダイヤモールド
・ラメパウダー
・NRクリアカラーブルー
・ねりけし
・シルバークラウン
・9ピン
・調色スティック
・調色パレット
・ルーター
・カニカン付きストラップ

上記のものを使って作っていきたいと思います!

 

大型雲ダイヤ作ってみたキラキラ大粒【ハンドレジン】

調色の色決め

まずはーダイヤの下部分の色を決めます。

大型雲ダイヤ作ってみたキラキラ大粒【ハンドレジン】

 


ラメブルーで作成決定

色を決めて、レジンに着色していきます、今回はラメブルーにしてキラキラの晴天をイメージした作品に仕上げます。


調色時にはエンボスヒーターでレジン液を柔らかくする

 

調色時にはエンボスヒーターでレジン液を柔らかくする

気泡もエンボスヒーターで取り除く

希望よりもやや薄めにカラー剤を入れて、ラメパウダーもパラパラ。

混ぜてみるとー

いい感じの色が付いたし、ラメも多すぎず少なすぎず・・・納得のカラーだったんでエンボスヒーターで気泡除去します。

 

いざダイヤモンドモールドへ

そしていざダイヤモールドへ!

いざダイヤモンドモールドへ

失敗が次の成功に導いてくれる

初めて作った時に、何にも考えないでレジン液流し入れてダイヤモールドの先端に空気が入ったまま仕上がってしまった。

ダイヤレジン・・・。同じ失敗を繰り返さないようにこの辺はゆっくりと。

調色スティックでそっと先端に気泡が入らないようにレジン液を先に流し入れます。

先端にしっかりレジン液が行きわたったら、あとは気泡が入らないように、残りのレジン液を注ぎ入れます。

気泡が入ったらエンボスヒーターとかで取り除いてね☆彡

気泡を抜いてモールドに流し込んだら硬化

そしたら硬化させます!


空に浮く雲は錬り消しを使う

空に浮く雲は錬り消しを使う

引き延ばして薄くします

空に浮く雲は錬り消しを使う

ダイヤの半分の大きさで一度硬化させそこに雲を置く

青の部分が硬化したら、いざ雲部分の制作に取り掛かります!

1段目のレジン液を流し入れて、次に用意するのがーねりけしー!こちらをー・・・もっふぁー!します!


錬り消しを上手く使うコツ

単純に引っ張るだけだとブチッと切れてしまってもっふぁーしないので、よく練ってから何度か伸ばして折って伸ばして折ってするともっふぁもふぁになります。

とても柔らかく、重力にすぐ負けるので、ふわふわの雲を入れたい方は入れる直前に作るといい形になると思う!

私も封入直前に作ってます。で、もっふぁーしたねりけしを、先ほどレジン液を入れたダイヤモールドに入れます。

速さとの勝負です!

レジン液に入れたねりけしはべしょっとしてしまって、位置を調整しているうちにドロドロになっていってしまうんです!
出来るだけレジン液に入れる場所は1発で決める!微調整はほどほどに╭( ・ㅂ・)و ̑̑ グッ !

 

錬り消しを上手く使うコツ:速さとの勝負です!
錬り消しを上手く使うコツ:速さとの勝負です!

と、まぁこんな感じで配置させたら硬化させます。

レジンダイヤ内の雲は3層

1段目が硬化出来たら続けて・・・

2段目も作成。ちょっと大きめに雲を置いてみましたーw

最後の部分の為にレジン液が満タンにならないように3段目を作成。

3段の雲層ができたら最終硬化

ここで満タンに入れてしまうと、ダイヤのてっぺんにねりけしがはみ出てしまってかっこ悪くなります。
3段目まで硬化が出来たら・・・

上部を抑える蓋はアクリル板など

一番最後にレジン液を流し入れて、平らになるように蓋をします。
クリアファイルとかでもいいんですけど、私はプラバンを使ってます、固めでしっかりしているので重力で曲がったりせずピタッと平らになります!

 

3段の雲層ができたら最終硬化

 

硬化後にダイヤモールドから抜く

しっかりと硬化させたら仕上げへ

しっかりと硬化をさせたら、いざっ!モールドからの取り外しぃー!

ぽんっ!

綺麗な雲ダイヤが生まれました(o^―^o)

特に目立った凹凸も見られないので、今回は研磨なしでこのまま進めます!

電動ルータ等で穴あけ

電動ルータ等で穴あけ

 

真ん中らへんに9ピン用の穴を1か所開けます。私これ苦手なんですよね(;´Д`)

真ん中は真ん中でも真っすぐ空いてなくて9ピン刺すと傾いちゃうんです「今回は上手くいきますように・・・」

王冠のパーツを付けて連結部の化粧

王冠のパーツを付けて連結部の化粧

穴をあけたダイヤをとりあえず置いといて、シルバークラウンの接着に入ります!

クラウンの淵にレジン液を付けてダイヤと接着させます。

先ほどダイヤに開けた穴が真ん中になるように合わせて、9ピンもレジン液を付けて先ほどの穴へ。



やった!9ピン曲がってない、ちゃんと真っすぐ穴が開けられたようで一安心。
この状態でしっかりと硬化させます。

しっかりと硬化させます

 

仕上げは艶出しのクリアレジンでコーティング

仕上げは艶出しのクリアレジンでコーティング

さぁ、間もなく完成間近!最後の仕上げです、外側全体に薄くしっかりとレジン液を塗ります。
レジン液の濃度が高くて塗りにくい場合はエンボスヒーターで少し柔らかくしてから塗ると作業がしやすくなります。
最後の仕上げですから丁寧にやっていきましょう!

しっかりしーーーーっかりと硬化させます!
中途半端だと未硬化が残ってべとべとするし、
ここまで丁寧にやってきたのに最後の最後に指紋まみれになります。

 

最後に金具を取付完成

最後にカニカン付きストラップを付けて・・・雲ダイヤストラップの完成です。

ツヤツヤキラキラ可愛い仕上がりとなりました。

小ダイヤもあるのですが、やっぱり存在感は大ダイヤが圧倒的に強く、リピートして作っちゃうのは大きいほうですねー。

いかがだったでしょうか?久々の制作過程ブログ。

作るのに集中しちゃってちょいちょい写真撮るの忘れちゃうんで、結局制作過程を記事にすることが出来ないことが多いんですよね。

でも今回は大好きなダイヤ、しかも可愛い雲ダイヤですから、ちょっと頑張って写真撮影とかしちゃいました。

大型雲ダイヤ作ってみたキラキラ大粒【ハンドメイドレジン】



個人的にはストラップだけじゃなくてペンダントにしたいんですけど、普通の方が付けたら痛くて嫌だろうなぁって思って、ペンダントの商品化はあんまり前向きになれなくて、私個人だったら痛かろうが何だろうが可愛いから付けちゃうんですけどねっ。

もし、「ペンダント欲しい!」っていうお声があれば商品化、前向きに検討したいと思っております。

それではまた次回の制作過程ブログをお楽しみに~。

今回作った雲ダイヤ系の作品はショップのほうでも販売しております。

他にもたくさんお品物取り揃えておりますのでお時間あるときにでも見に来てくださいね。

運営会社:monochoromes